マニアックな話だ

ケータイ電話のカレンダーの果てはどこまで?

そもそもケータイのスケジューラーなぞ使いもしないし、ケータイ自体、同じ機種を使い続けるのもせいぜい2年がいいところ。なので、スケジューラー(というかカレンダーと言ってますね)の限界がどこにあるかなんて気にもしませんでしたわ。

しかし、この記事を読んで、かつ自分で調べて初めて知りましたわ。2038年問題。C言語の仕様の問題らしく、2038年の1月いくんちかを境に日付の管理がおかしくなるようで。ってか、そんなもんまでケータイに反映してるとは、大したもんですなぁ、と。

逆に頭はグレゴリオ暦が正式採用された、その年と月から入ってる、ってのも念の入ったことで(笑)

作る側は結構真剣にやってると思うんですよね。ただ、ケータイカレンダーってどう考えてもせいぜい使って3、4年。ケータイ自体、10年はもたないでしょう。ならば、幅をみて前後10年くらいの容量に抑えて、別のところに力を入れてほしいなぁ、と思わないでもない(笑)

ちなみに、スケジューラーなんぞ使わない、と言ったワタクシではありますが、今使ってる端末は意外に重宝してたり(笑)。映画の公開日やら週間天気予報やらが勝手にダウンロードされて、反映されているので、見れば一目瞭然。入れる予定がないので、こういうのはなかなか便利だったりしますね。
by peugeot206ccs16 | 2009-08-20 12:20 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/12163478
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。