柔軟剤の色なぞ

柔軟剤の色って、どうして昔から青系が多いの?

そもそも気にしたことがない、っちゅーか、マジメに柔軟剤の色を考えたことなんかないので、記事を読んで「そーなんだー」程度の感想しかなかったりするんですが(笑)

まぁ、少なくとも食べ物じゃないし、人間の口に直接入るものでもないので、色ってイメージだけでいかようにも付けられたりするところはあると思うわけですよ。この毒々しい「青」が清潔感につながるのかどうかはさておき(笑)、ぶっちゃけ「汚い」イメージの色じゃなきゃ何でもいいような。

さすがに洗濯に使うものに「黒」とか「茶色」とか付けるのはいかがなものか、と思ったりもするんですが、何もこんな毒々しい「青」じゃなくても、ストレートに「白」とかナシなんですかねぇ?

あるいは「白」だと、フツーの洗剤とか漂白剤とかと同じになっちゃうから、それは避けたい、っていうメーカーの意向が働いているとか?

と、考えると「透明」ってのはひとつ見識かも知れないですね。
その色自体にイメージとしての効果しかないなら、いっそ色を付けない、という意味で。

まぁ、そんなところでいろいろ考えなくてもいいんで、安くて使いでのあるものを出せばいいんじゃないですかね?
by peugeot206ccs16 | 2010-01-17 10:48 | 感じたこと。 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/13506292
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from (まめ)たぬきの雑記 at 2010-01-18 15:30
タイトル : 柔軟剤を昔から買わない私
柔軟剤の色って、どうして昔から青系が多いの? | Excite エキサイト なので、 色については正直気にしたこともありませんでした。 だって 使わないんだもんねえ。 においも 柔軟剤が好きでない私にとっては あ、そう 程度なので 色についても考えてみたことなかったです。 人気ブログランキングへ こんな連載があったことを柔軟剤の文字を見て思い出しました。 「『やさしくないタオル』のつくりかた。」 柔軟剤でふわっとさせたタオルが一番いい、と思っている人には ちょ...... more