消費者にとっては

焼酎何杯飲んでも無料! 話題の「居酒屋 革命」に潜入

とってもとってもありがたいシステムだったりしますが、果たしてコレで本当に利益は出てるんですかねぇ?

普通は飲み物で利益を出したりするんで、そこを無料にしちゃうと食べ物だけでは結構利幅が薄いんじゃないかな~、なんて素人考えで思ったりするんですが。

当然、お店である以上、光熱費やら何やらがかかっているはずなので、それも上乗せして価格決定しないことには、そもそも店として成り立たないはずなんですけどね。

で、ひとつ思ったのは、金持ちが趣味でやっている?(笑)
利益完全度外視で、とりあえず税金対策程度にゼニをかけているとか。

あるいは、ゼニを取っている食べ物の部分で猛烈なコストダウンを図って、そこで利益を出しているか。はたまた、人件費が実はゼロとか?(笑)

ま、そもそも飲まない人なので、こういうお店が気になったにしても、行くことはないんで、どっちゃでもいいと言えばどっちゃでもいい話なんですけどね(笑)
by peugeot206ccs16 | 2010-04-05 14:44 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/14102637
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。