懐かしい

なぜ小学校ではリコーダーを習うの?

ですねぇ。リコーダー。

ワタクシ、さまざまな楽器がことごとく苦手、という特異な体質(笑)ながら、唯一人並みか人並み以上にできる楽器がリコーダーだったりします。

なんでか分からないんですが、小学校の3年、4年の担任の先生がいたくリコーダーに力を入れた先生で、この期間の勉強よりもこの期間はリコーダーの練習ばっかりしてた記憶しかない、というくらい力が入ってましたねぇ。

で、今となってはどういう流れでどうしてそうなったのかは分からないんですが、県立音楽堂で発表会(クラスでね)出ちゃったりなんかして。

なので、当然バリバリしごかれたし、小学校だとソプラノだけだと思いますが、小学校時点でアルトも使ってたし、ワタクシはテナーも持ってたりして(笑)

まぁ、この記事の趣旨たるところの「なぜに小学校でリコーダー?」ってのは当然分かるわきゃない(リコーダーだけじゃなくって、ピアニカとかやってるところもあったはずなので)んですが、リコーダーだけは色濃い記憶が残ってるワタクシです。
by peugeot206ccs16 | 2010-04-09 13:47 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/14131747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。