ごっつい赤いな

滋賀の名物コンニャクは、赤い

写真で見る限りは、確かに赤いっすな。
記事中にもあるように「レンガ色」っぽい赤。

これが食欲をそそるかどうかはそれなりにビミョーなところですが(笑)、まぁ、こういう食い物があってもさほど不思議はないわけで。

しかし、製造時に混ぜる「三二酸化鉄」なる鉱物は、基本この使用にのみ認可されているブツみたいで、そう言われると果たして体にいいのかどうか、気分的にちょっと怪しい(笑)

とは言っても、近江八幡あたりじゃごく当たり前のブツみたいだし、そこで「当たり前」になっているからには、定着するまでにそこそこ時間も経過しているワケでして、無害っちゃ無害なんでしょうね。

味が変わらないなら、フツーの製法でもいいじゃん、と考えるのはきっと関東人ゆえ。近江八幡の人たちがこっちに来れば「赤こんにゃくねぇじゃん」って話になるんですからね。

やっぱ日本って広い(笑)
by peugeot206ccs16 | 2010-06-24 14:56 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/14649660
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by musictown at 2010-06-25 10:05
実はこのコンニャク、食べたことがありますよ。(以前近江八幡へ行ったことがあるので)レンガ色のこんにゃくです。見た目は(笑)味はフツーですが、ややもっちりした食感ですね。おでんにはいっていたらぎょっとしそうですが。
Commented by peugeot206ccs16 at 2010-06-27 03:52
そうでしょうね(笑)。おでんで色つきの具ってありそうで
ないですからねぇ。レンガ色の具なんて入ってたらギョッと
すること請け合いだと思います(笑)