そーなんですよ

コピー用紙とかの単位って、どうして「重さ」なの?

ワタクシも前から割と疑問に思っていたんですが、紙って重さ(斤量)でその質やら厚みやらを表現するんですよね。

さすがに紙ってどんなに厚みがあったって、cm単位の紙なんて存在するワケもなく、1mm以下がほとんどだから、厚み表記されたってピンと来ないのは確かなんですけどね(笑)

記事を読む限り、単純に流通面で重さの方が便利、という理由で斤量表記されているようですが、1枚単位の厚みを言うよりは合理的ですね。

ついでに言えば、厚みのある紙は必然的に斤量も重くなるし、コートしてあるかどうかでも斤量は変わってくるだろうから、そういう意味では実は理にかなっているのやも知れませんな。

その理由が単純に流通面で便利、というだけだったのが肩透かしっぽいですけど(笑)
by peugeot206ccs16 | 2010-09-30 14:35 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/15210362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。