気の長い話です

東京から京都まで全500km超! 東海道をつなぐゴミ拾い駅伝とは?

箱根駅伝は2日でケリが付きますが、こっちは1年かけて京都まで行こうってんだから、気の長い話です。ってか、駅伝っちゅーても、これだけ長いとランナーもトレーニングとかどないせい、っちゅー感じがなきにしもあらずですが(笑)

ま、でも、主眼は東京ー京都間を駅伝で走ることじゃなくて、ゴミ拾いってところにあるみたいだから、1年かけてのんびりやってもいいのかな、という気がしないでもない。

うがった見方をすれば、最初に走ったコースも1年経つとまたゴミの山になってそうなんで、そういう意味では、やっぱりドンドコ走り切っちゃった方がキレイである期間が長いような気がしないでもないですけどね(笑)

で、すでに20チームエントリーしてるっていうんだから、人間って走るの好きなんですな。ワタクシは歩くならともかく、走るのはてんでダメなんですけどね(笑)
by peugeot206ccs16 | 2011-01-17 11:58 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/15778664
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。