すんげぇ快挙です

ドバイWCで史上初の“日本馬ワンツー”、ヴィクトワールピサが優勝

これまで数多の名馬が挑戦して、ことごとく敗退してきたドバイワールドカップ。
で、まさか日本馬が優勝してしまうとは。しかも、ワンツーフィニッシュとは。

すんげぇ快挙ですね。

競馬から離れて相当に久しいですが、こんな日が来るとは思ってませんでしたねぇ。他に参加したメンバーがどれだけのレベルだったのかも気になるところですけどね(笑)

いずれにせよ、海外の最高峰レースのひとつを日本馬が勝ってしまったわけで、これで凱旋門賞とかキングジョージとか勝てるようになれば、日本競馬も一流の仲間入りですな。
by peugeot206ccs16 | 2011-03-27 11:23 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/16107707
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。