タメになります

知っておきたい、放射線と身体の関係

タメになるんですが、やっぱり単位がいろいろあって分かりにくいというのが正直なところ(笑)

ま、フツーに生活していても放射線を浴びている、っていうのはもはや常識の域だと思うんですが、放射線の種類とそれを浴びたときの線量、線量による影響、ってのが「とりあえず」まとまってるんで、薄ぼんやりとではありますが、「あー、なるほどねー」と理解はできるような。

それにしても、この単位はクセモノですな。
ミリとマイクロの関係は他でも使ってるんで、そこは理解できるんですが、こと「シーベルト」という単位にくっつくと途端にその規模が「?」となってしまったり(笑)

で、その規模が?となると、具体的にどのくらいのリスクがあるのかを把握しにくい、ということがあったりして。たぶん、それがみんな分かりにくいもんだから、過度に「危険だ」ってな話になっちゃってるような気がしないでもないですね。
by peugeot206ccs16 | 2011-04-17 14:00 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/16202507
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gabefunyaa at 2011-04-17 19:27
そういえば、学生の時、研究室の中に測定用低レベル線源の入った箱(密閉線源なので、体内被曝しないからべつにどうってことないっさー、という感覚でしたが)のある部屋で1年くらい過ごしてました。
シーベルトは、人体への影響をカウントしてる単位なんで、分かりにくいんですよね。
ベクレルは簡単な単位なんですけどね。
ま、水晶体と生殖腺をやられなきゃ放射線って思ったほど問題じゃないですが(←学生時代の先輩の受け売り)
Commented by peugeot206ccs16 at 2011-04-18 10:31
さすが理系(笑)。ベタベタな文系のワタクシには
その感覚が全然分からなかったりするんですが、まぁ
普段からそんなもんを扱ってると、その程度の話に
なっちゃうんでしょうな(笑)