個人的には

どこへ進むか使い捨てカメラ

まったく使うことはないし、過去にも使った記憶って数回しかない使い捨てカメラ。

まぁ、便利で効率が良くて、画質もいいデジカメがある以上、個人的には出番ゼロなんですが、記事にもあるようにやっぱり需要はあると思うんですよね。

今のフィルム一眼の立ち位置とは違って、明らかに「その場しのげればOK」的な用途では、だいたいどこででも手に入るし、とりあえず複雑なことを考えないで、シャッター切れば撮れる、っていうのは便利と言えば便利。

過去にはその便利さが一般的だったのが、今はニッチになりつつも生き残る場所を得た、みたいなところでしょうか。

最近では、機械に弱そうなおばちゃんたちですら、デジカメ使ってたり、ケータイカメラを使ってたりするんで、使い捨てカメラはいっそうニッチになるんでしょうけど、それでも別な次元の「便利さ」で生き残り続けるんじゃないですかね?
by peugeot206ccs16 | 2011-04-30 12:44 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/16261372
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yoko at 2011-05-01 09:22 x
まぁ子どもでも携帯持っているご時世ですが、小学生の遠足などに持たせるカメラとしての需要もあります。
万が一壊したり濡れてもまぁ千円そこそこだしね~という。
Commented by gabefunyaa at 2011-05-02 21:29
ええと、わたくし、デジタルカメラ導入前はこれをけっこう使ってました。欠点は…人物の旅行の出のスナップ写真を撮るにはいいけど、それ以外を撮影するにはちょっと性能が。人物ではなく風景を撮りたいほうなんで(笑)
使い捨てカメラではなく「レンズ付きフィルム」という言い方のほうが適切かもしれない存在ですね。
Commented by peugeot206ccs16 at 2011-05-07 10:43
>yokoさん
小学生の遠足ね。まぁ、ありそうな話です。でも、小学校の
遠足で自分で写真撮ったかな、とかふと疑問もあったり。

>gabefunyaaさん
デジカメ導入前なら、そういう人は多々いたと思いますね。
風景用のもあったような気がするんですが、そいつだったら
もう少しどうにかこうにかできたやも?