初めて聞きました

毒をもって毒を制す!? 「ヘビの毒」クリーム

「ボトックス」なる言葉。思わずググってしまいましたわ(笑)

なんでも、この記事のタイトルのごとく「毒をもって毒を制す」ということらしく、神経系に効く毒素を取り入れて意図的に代謝を落とすことで、アンチエイジングをしようというもののようで。

ワタクシにはデトックスと似たようなもんに思えるんですが、あちらは排出するのであからさまに違うもんなんですな、コレが。

でもって、神経系の毒素、ってことでヘビ毒に着目したのがこのネタの商品なワケですな。昨日も書きましたが、いろんなこと考える人がいるもんです(笑)

実際にはヘビ毒もどきみたいですが、そりゃまぁ実際のヘビ毒なんぞ採取するのにどれだけのリスクを抱えるのか、って問題もありますからねぇ(笑)。効き目はどうなんでしょうね?

ヘビ毒がアリなら、もっと強力なフグ毒を使って、なんてのもアリだと思うんですけどね。フグの方が採取も簡単だろうから、天然フグ毒を使うこともできそうですが(笑)
by peugeot206ccs16 | 2011-05-11 11:55 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/16313138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。