思うに

アルコールが入ってない焼酎『小鶴ゼロ』

ノンアルコールビールとか、このノンアルコール焼酎なんてもそうなんですが、アルコールを抜いてまで飲みたいものなのか、という問題を感じるんですが、気のせいですかね?(笑)

ビールにしても焼酎にしても、酔っ払いたいから飲もうと思うんであって、あの味をとりあえず楽しみたいって人はそんなにいないんじゃないかなー、と思ったりするんですが。

クルマで出かけて、運転手以外は全員飲んで酔っ払って、でも運転手も飲みたい、ってなシチュエーションで推奨されてますが、飲みたいからってこの手のノンアルコール飲料を飲んで納得するもんなんですかね? ワタクシは酒がなくても全然大丈夫な人なので、この辺の気持ちがよく分からないんですが。

酒って「酒っぽい何か」で楽しめるものなのかどうなのか、そのあたりの理解の深さでノンアルコール飲料の勝ちが決まってくるんでしょうね。
by peugeot206ccs16 | 2011-05-29 13:15 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/16394782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gabefunyaa at 2011-05-29 14:11
ノンアルコールで酒っぽい飲み物の存在のほうが、危険(飲酒運転ではなく、アルコール慢性中毒を考えて)なような気がします。
酒みたいな味がして酔えない飲み物は、私にとっては酒の代わりではありません。
そもそも新規に開発せんでも、コークハイとコーラってほとんど味としてはおんなじですぜww
Commented by peugeot206ccs16 at 2011-05-31 03:21
なるほど、酒の味だけでも楽しみたいという酒好きの
ための飲み物という考え方なわけですな。やっぱりワタクシ
には理解し難いところではありますが(笑)