前からこういうの

キズを浮かび上がらせるLEDライト

ありましたよね。

LEDライトじゃなくって、その当時はブラックライトだったと思うんですけど、用途は同じで目に見えにくいキズを発見するためのライト。

ただ、そういう用途でも素人が使うもんじゃなくって、骨董品や古いブツなんかのキズチェック用に使われていたような記憶がありますねぇ。ブラックライトだと服に付いたキズというか、汚れみたいなものも見えちゃいますからね。

で、コレ。
ブラックライトっぽく青でも使えるようですが、まぁキズを見つけ出すためのライト。

でも、個人的には記事で例に挙げている「クルマの小キズ探し」みたいなのって、しない方が幸せだと思うんですよね。見つけたら間違いなく直したくなるし、直すにはゼニも手間もかかるし、見つけたからってあんまりいいことないですから(笑)

キズがあっても放置、って人だとすれば、逆にキズをわざわざ探すようなことしないでしょうからねぇ。見つければ「あっちゃー」と凹むの請け合いだし、やっぱりそういう用途では使わない方がいいと思うんですけど。
by peugeot206ccs16 | 2011-09-25 13:30 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/16895257
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。