とても残念です

アップルのジョブズ前CEO死去 革新的製品、次々生み出す
【速報】スティーブ・ジョブズ氏死去 / ゲイツ氏「彼と共に働けて大変名誉であった」

Mac使いとして、Appleのいわば「信者」として、まさか亡くなるとは、という思いです。
数年前にがんを患って以来、おそらくは闘病をずっと続けていた結果、なのでしょう。まして、昨日の早朝にiPhone 4Sが発表された矢先の話。残念この上ないです。

記事にもありますが、ワタクシがMacに触れたのは、アップルがちょうど経営不振に陥っていて、よもや身売りか、というくらいのどん底の時期。

創業者がさっそうと現れて、あれよあれよという間に世界最大のIT企業に押し上げたその手腕。創業時からカリスマ的存在だったのが、いっそうカリスマ性を高めた事実だと思います。

それだけに56歳の若さでこの世を去るのはあまりに惜しいことです。ライバルのビル・ゲイツにも惜しまれる、そのくらい惜しい存在です。

とにかく、まずはご冥福をお祈りしたいと思います。
by peugeot206ccs16 | 2011-10-06 11:08 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/16938745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。