観光地へ行くと

“撮影ボランティア”を日本の文化に

ここに書かれてるようなシチュエーションによく遭遇しますよね。

ワタクシも一眼をぶら下げて、ほうぼう撮り回ってると「すみませーん、撮ってもらえますかー」なんて声をかけられることがあります。

もちろん、声をかけられれば断る理由もないので、快諾して「より良さ気に」撮ってあげて喜んでもらうわけですけどね。

ま、この流れを自ら声をかけてやってこう、ってのがこの記事のお話ですね。

決して敷居の高い話じゃないですが、個人的にはどうもお節介すぎるような気がして、今ひとつ乗れない感じですねぇ。もちろん、見るからに撮って欲しそうな人、ってのはいるんですが、そういう人がいたとしたら、まぁ考えなくもないけど、ってレベルですか。

そんなことをつい考えちゃうワタクシは、少々冷たいんですかね?
by peugeot206ccs16 | 2011-10-19 13:10 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/16991070
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。