ネタなのかと思いきや

靴を履いてるっぽく見せる靴下

案外マジメな理由で作られたんですね、コレ(笑)

靴を履いているように見せて、それをネタにするためのアイテムと思いきや、脱いでいても履いているように見せて、ラクできる、という。

そのあたりは発想の転換というか、よく考えましたねぇ。もっとも、遠目に見れば確かに靴を履いているようにも見えたりしますが、近くで見ると靴下がよれてたりして、バレバレになること請け合い。まぁ、そこまでは気にしていない、ってことなんでしょうけどね(笑)

ただ、日本人にはやっぱり今ひとつ使い道がないんじゃないかなぁ、と思ったり。とりあえず、靴を脱ぐ文化が根付いているお土地柄では、靴を履いているように見える靴下を活かす理由があまりないですよね。靴を履く文化のところでは、靴を履いているように見えるコレも役立つかもしれないですけど。

ちょっと扱いが難しいような気がしますね。
by peugeot206ccs16 | 2012-01-05 12:43 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/17282041
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。