語源は常識的ですが

ウルトラCの“C”とはいったい何?

そもそも、今どき「ウルトラC」って言葉自体を使わないですよね(笑)
記事でも例示されてますが、このウルトラCももはや死語の世界(笑)

わざわざウルトラCと使わなくても「奇跡の○○」とか「大逆転の○○」とかストレートに使う方がフツーになってきているような。

世の中に昔で言うところの「ウルトラC」的なことがだんだんと減ってきて、その分だけ「ウルトラC」的なことが起こると、敢えて言葉を置き換えずにストレートに言う方が伝わる、という意識が働いてるんでしょうね、きっと。
by peugeot206ccs16 | 2012-01-16 11:28 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/17321234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。