結局のところ

熱血指導とパワハラの分かれ目(1)

指導なり何なりをされた側がどう感じるか、どう反応するかで決まってくるんですよね、コレ。

だから、行為をした側がどう感じてどう思っていようが、された側が不快な思いをしたり、病気を発症したりすればパワハラが成立する、と。

その証明だけできれば申し立てもできるんでしょうね。

ま、そういう意味でワタクシのいる会社はパワハラもどきが日常茶飯事に行われているので、この実態をぜひバラしたいところですが、まぁここで言うことでもないし、一応守秘義務みたいなもんもあるので止めてるんですけどね。

だいたい、会社の側が「これはパワハラではない」と言っている時点でアウトだと思うんですよね。そんな闇の中でよくみんな仕事してるなぁ、とワタクシは思って今日もいるんですけどね。
by peugeot206ccs16 | 2012-09-27 15:01 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/18499396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。