残念でした

オルフェーヴル、惜しくも2着 凱旋門賞で快挙成らず

ま、これまた残念ながら中継を観ることすらできなかったわけですが、惜しくも2着だそうで。写真を見る限りでは半馬身差くらいですかね。

同じく三冠馬のディープインパクトが3着入線で失格、過去にはエルコンドルパサーが2着入線とまぁ、やっぱり本場ヨーロッパの壁は高いですね。

日本の三冠馬で2着、ディープインパクトに至ってはほぼ無敗の状態で行って3着なんだから、一体どれだけの実績というか強さなら凱旋門賞の壁を越えられるんでしょうかね?

とは言え、ドバイワールドカップは制覇できたわけだし、そんなに遠い夢物語な話ではないと思うんですよね。凱旋門賞やらキングジョージやらを勝ちまくる日本馬の姿、ぜひ見てみたいものです。
by peugeot206ccs16 | 2012-10-08 10:51 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/18539382
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。