懐かしいですねぇ

ソニーのデジカメのルーツはどんなもの?

デジカメそのもののルーツは言わずと知れたカシオの「QV10」ですけど、デジカメ黎明期は各メーカーいろいろ出してたんですよね。

変わったカメラもいろいろあった気がします。

ソニーさんはマビカですが、記事に載ってる試作機は初めて知りました。マビカというと、フロッピーを記録媒体に使うアレが思い浮かぶわけでして。

今でこそケータイですら1000万画素オーバーが当たり前になりつつありますが、この当時のデジカメはせいぜいが20~40万画素の間。解像度もVGAが出るかどうかくらいなもんで、別な方向で趣味性の高い一品だったと思います。

ワタクシはまさにその当時からデジカメを使ってるので、フィルムには興味こそあれど、なかなか手が出ないんですよね。デジタルになじみすぎてて。
by peugeot206ccs16 | 2012-10-12 14:01 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/18554719
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。