それはないでしょう

タブレット対応の「Win8」がiPadの牙城を切り崩す?

確かにWindows 8はタブレットでこそ生きてきそうなOSではありますが、結局はパソコンベースなわけで、タブレットとは明らかに戦場が違うと思うんですよね。

iPadはハナからタブレットで、パソコンはMacBook Airが控えてる。載せてるOSも当然違うので、棲み分けができてる。Windows 8はそのあたりを一緒くたにして狙おうってOSなんでしょうけど、じゃあ安いタブレットを止めてパソコンにするか、って言ったらきっと違うと思うんですよ。

タブレットに多くを求めるのがそもそもの間違いで、割り切って使ってる人の方が多いと思うんですよね。第一、変形(?)タイプのパソコンは決定的に高い。そんな対価を払ってまでWindows 8を使いたいって人がどれだけいるか。おそらくそれほど多くはいないと思うんですよね。

法人需要が、って話も載ってますが、法人需要はより枯れた方向へ向かうので、Windows 7とかXPでいいや、って需要になるはず。

やっぱりiPadの牙城を崩すまではいかないと思うんですけどね。
by peugeot206ccs16 | 2012-11-05 16:15 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/18648814
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。