別に異常ではなくて

オウムもエヴァも震災もプリクラもあった『1995年』は果して異常な年だったのか

単にインパクトのある出来事が多かった年、ってだけじゃないですかね?

個人的には阪神・淡路大震災とオウム、Windows 95の発売くらいしか記憶にないんですが、とりあえずいろいろあったんだなぁ、という感じは今でもありますね。

見方を変えれば、これ以降にもこれ以前にもいろんなことが集中して起きた年がない、ってことでもあるんですよね。本当にたまたま95年に重なって起こった、という感じなんでしょう。

インパクトだけで言うなら、89年の昭和天皇崩御なんて元号が変わるほどのインパクトがあったわけだし、一昨年だって東日本大震災が起きているわけで、95年に負けず劣らず記憶に残った年だと思うんですよね。

なので、まぁ95年の特殊性ってのは偶然の産物で、別に異常でも何でもないんじゃなかろうか、と。
by peugeot206ccs16 | 2013-11-28 20:59 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/21015912
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。