結局のところ

アップルと大きく異なる? 「ソニーの間違い」とは〈AERA〉

アップルはジョブズがこだわった囲い込みに成功し、ソニーはそれに失敗したっていうことですね。

元々アップルはパソコン屋で、ソニーは家電屋ってところも影響したんでしょうね。パソコンからいろんなものをつなげる、っていう発想で、Macを中心に製品の展開をすることで囲い込むことができたアップルに対して、家電屋のソニーは後追いでアップルに追随することになってしまった、ってところでしょうか。

商品ラインナップはアップルもソニーも似たようなもんで、ソニーはゲーム機とテレビっていう強みがあるはずなのに、それを活かすことができなかったのは「つなげる」っていう発想に欠けていたところだと思いますね。

とは言え、アップルと同じ程度にはソニーにもファンがいて、ソニー製品は確かに優れたデザインの物が多いので、チャンスはまだ十分にあると思うんですよね。いい物をどう活かすか、っていうのが課題になるんじゃないでしょうか。
by peugeot206ccs16 | 2013-11-29 13:28 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/21019999
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。