そう言われてみると

小学生の頃、道ばたや公園にエロ本が落ちていたら大騒ぎになったものだった。読んだところで何が何だか分からないのだが、「普段、絶対手に届かないものがすぐそばにある」という特別感は、簡単に小学生のテン...
確かにエロ本とかそれに類するグラビア誌とかって道端で風化してる光景を目にすることはなくなりましたねぇ。

ついでに言えば、エロ本の自動販売機とか大人のおもちゃの自販機とかってのも見かけなくなりましたね。

記事によれば、エロ本の売り上げが激減してるとか。元々パイが小さい業界で、10万部売れれば大成功って世界だったので、DVDとか動画配信とかが安価で提供されるとなると、エロ本って必然的に不要になってきますよね。それは分かります。

で、パイが激減した上に捨て場所もなくなったと。なるほど、そうなれば道端でエロ本を見かけるなんてことはなくなりますね。

まぁ、別に道端のエロ本に深い愛があるわけじゃなし、そういえばないな、程度の感想しかないんですが、本は本で残ってほしいな、と思わないでもないですね。
by peugeot206ccs16 | 2014-01-24 23:13 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/21542692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。