本当かどうかは

2014年2月5日に放送された「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)で、マーケティング評論家の牛窪恵さんが「会社のゆとり世代対策」を紹介していた。「平等・公平を好む」「打たれ弱い」「プライベー...
実のところ分からないんですよね。周りにゆとり世代がいないから。

なので、書いてあることが本当であると仮定して話を進めると、ゆとり世代が本当に迷惑な存在であるなら、活用すること自体を止めるのが一番だと思うんですよね。

会社の構成年齢層を考えると、若い衆が入り、年寄りが辞めていくっていうのは基本なんですが、だからと言って使えない人間を高いコストを払ってまで使う理由はないと思うんですよね。

会社に長くいたくないのは誰でも同じ。だからって、ゆとり世代だけ優遇していい道理はないわけです。やる気がないなら、出ていけってのが本筋だと思いますね。そういう発想を持ったまま数十年が過ぎればどうなるか、っていうのも自分の身を以て知るべきです。
by peugeot206ccs16 | 2014-02-06 23:10 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/21620506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。