結局のところ

企業はITコストを抑えながら効率化を図れる方法を常に模索している。特に機能、使い勝手、可用性、サポートに掛かるコストは、オフィスソフトに左右される。どのオフィスソフトが最適だろうか。「Micro...
Officeをフツーに使おうとすると、選択肢がこれしかないってだけの話だと思うんですよね。

いくら互換性があったとしても、あくまで「互換」するだけで再現するところまではいかないんですよね。で、MS Officeがデファクトスタンダードになってるから、いくら高くてもやむを得ず使わざるを得ないというか。

Windowsと一緒ですよね。Officeを使うプラットフォームはWindowsが基本で、パソコンのOSはWindowsがデファクトスタンダードになっていると。

ここまで根深くMSが食い込んでる以上、よほど大きな何かがない限りはこの状態がずっと続くでしょう。強いて言うなら、バージョンの下位互換性がイマイチになりつつある、ってくらいなもんで。
by peugeot206ccs16 | 2014-02-21 23:25 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/21709934
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。