あってもおかしくは

既存曲のアップグレードはどうなるのかな?音楽ブロガーのRobertHuttonさんによると、どうやらアップルがiTunesミュージックストアにて24ビットのハイレゾ音源の配信を開始するみたいなん...
ないんですけどね。高ビットレートの音源は確かリリースしているような。

ただ、Appleにしてみればただハイレゾ音源の配信をやるだけではまったく意味がないわけで、iPhone/iPodをハイレゾ対応にする必要があるんですよね。

たぶん、ソフトウェア的に対応することはできないだろうから、必然的にハードウェア自体をアップデートするわけで、WWDCでiPodとiPhoneが一緒に発表されるなら十分に可能性のある話。

となれば、iPod classicなんかはその容量から再び脚光を浴びそうですが、アルバム1枚ギガ単位の大容量を収める必要があるわけで、シリコンメモリの機種はなかなか大変になりそうですね。iPod nanoあたりでも64GBとかのモデルを設定する必要に迫られてくることでしょう。
by peugeot206ccs16 | 2014-04-14 22:30 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/22007186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。