印象としては

祭りから、露店が姿を消しつつある。『週刊実話』2012年8月2日号の記事によると、関西地方では暴力団排除条例の余波で露店や屋台が激減しているようだ。例えば京都の2012年祇園祭では前年に比べて約...
そんなに減った感じもないんですけどね。

強いて言うなら、テキヤが店を出すようなお祭り自体が減りつつあるのかなぁ、と。とは言え、神社とかお寺さんの催し物があれば必ず露店はあるし、初詣なんかでも境内には露店が軒を連ねてるので、イメージ的には減っているとは見えないだけなんでしょうね。

表題の通り、テキヤとヤクザは何が違うのかという話で言うと、ワタクシは正直まぁ同じものだと思ってました。広域暴力団みたいなヤクザではなくて、もっと地元密着型のヤクザみたいな感じですかね。

このレビューを読む限りではそうではなく、厳然とした線引きがあるようで「そうなんだぁ」という感想。なかなか苦しい状況に追い込まれているようですが、露店がなくなるのはお祭りの興を削ぐので、まっとうな形で生き残ってほしいものですね
by peugeot206ccs16 | 2014-04-23 23:44 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/22041416
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。