一概には

年収500万vs1500万の比較で、「文書力」の差が明らかになった。そこそこ社員は書くことに苦手意識をもつ一方、稼ぐ人はプレゼンのスライドはもちろん、年賀状もビジネスツールにしている。-----...
言えないでしょうけど、書く力はそれなりに重要だと思いますね。

書類にせよメールにせよ、なにがしか書くことが求められるシーンは結構ありますからね。そこに苦手意識を持っていると不利に働くことがなきにしもあらず、とは思います。

だからって、それが年収に直接影響が出るとも思わないですけどね。書くことに苦手意識がまったくないワタクシだって、年収で考えれば下の方ですから(笑)

書くことだけで、1000万の年収の差が生まれるっていうのは極論だと思いますが、苦手意識があるのであれば、何らかの方法で克服しておいた方がいいような気はします。力として持っていて損はないですから。
by peugeot206ccs16 | 2014-06-06 23:35 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/22205887
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。