何のことはない

■結局、夏のボーナスは増えたのか減ったのか政府は「アベノミクスのおかげで民間給与は上昇している」といったPRに躍起だが、ところで皆さん、2014年の夏の賞与は増えただろうか、それとも減っただろう...
これって、一部の企業の実態をかいつまんで報道していた、ってだけの話で、全国で大々的に中小企業まで含めて調査した結果ではない、ってだけの話なんでしょう。

ボーナス0って人が少なからずいるようですが、年俸制の会社はボーナスないですからね。業績不振で出せないっていう結構末期的な会社もあるんでしょうが、多くは年俸制なんで出てないって話なんじゃないですかね?

逆に周りでもあんまり景気のいい話は聞かないので、年間賞与200万以上なんて人はごくわずかで確かに1割程度なもんなんでしょう。

これなら確かに賞与が上がったって報道はどうなの? って話ですが、経団連に参画してるような企業ならおそらくは上がっているんでしょう。報道がミスリードしてたんですね。

この手の話は話半分で見聞きしないと実態との乖離が大きいので要注意ですね。
by peugeot206ccs16 | 2014-08-20 23:23 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/22497785
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。