仕方ない

イオンの岡田元也社長は、記者会見などの写真でほとんど笑っておらず、厳しい表情をしている。セブン&アイの鈴木会長と比べて欲しい。この意味に気がつく人は大半が商人と呼べるだろう。商いは飽きない、これ...
とは言え、ガキの時分から親しんできたダイエーの屋号がなくなるっていうのは寂しいもんですね。

ダイエーもイケイケの拡大路線からどこかで方向転換できればまだ良かったんでしょうが、事ここに至っては屋号の消滅もやむを得ないというところでしょうか。

記事では一時期回復傾向を示していたようですが、同じく回復傾向にあったヨーカドーと違い、功労者を放り投げてしまい、世襲路線を敷いてしまったのが敗因のように書かれていますが、やっぱり肉親の情が入るとこういう商売は難しいんでしょうね。

イオンも本業以外での儲けで本業を支えてるって状態らしいので、やっぱりダイエーも時代の流れに合わせて進化していくべきだったんでしょう。
by peugeot206ccs16 | 2014-09-26 23:16 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/22667702
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。