いやぁ

9月30日、IBMが昨年アナウンスしていたLotus1-2-3およびLotusSmartSuite(スーパーオフィス)、LotusOrganizerのサポート終了日を迎えた。特に改めてアナウンス...
Lotus1−2−3の名前を聞くこと自体が懐かしいですねぇ。

Windows 3.1とか95の頃は表計算ソフトと言えばLotus1−2−3かExcelかっていう二択で、今ほどMS Officeがめちゃくちゃ普及していなかったんですけどねぇ。

いつの間にやら表計算と言えばExcelとなり、ワープロと言えば一太郎ではなくてWordになっちゃってましたね。アンチMSとしては、Officeの今の普及具合、というかOfficeを使えなければ役立たずくらいの風潮は腹立たしい次第なんですが。

それにしても、1−2−3ってバージョンアップとかしてたんですかね? 前の会社じゃ後生大切にノーツとか使ってましたが、それも今じゃどれだけ使われていることか。

Lotus製品はもはや過去の遺物ですね。平成生まれは少なくとも知るはずもないメーカーでしょうし。
by peugeot206ccs16 | 2014-10-04 22:18 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/22717322
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。