止められないというか

〈「男の娘」の時代がやってきた〉「男の娘」という言葉がある。「おとこのこ」と読む。比較的新しい言葉なので、定義ははっきりとしていない。「どう見ても女の子にしか見えない男の子」「女装などしなくても...
そもそも、まだ「男の娘」って話題になってたんですか? 個人的な感覚だと、もうすっかり流行りは過ぎたものと思ってたんですけどね。

この記事は本のレビューなので、当然男の娘についての本が出版されているんですが、ちょっと時期を外しちゃったんじゃないかなぁ、という印象がありますね。もっと前だったらもっと話題に上ってたでしょうから。

ま、それにしても記事を読む限りでは男の娘って定着しているのみならず、やっている野郎の心境も様々になっているようですね。性同一性障害とはちょっと違うけれど、女子になりたいという願望を持った輩もいれば、趣味として割り切っている輩もいる、と。

もはや一括りにできない世界になってしまっていたとはねぇ、という感じでしょうか。
by peugeot206ccs16 | 2014-10-20 21:22 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/22849925
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。