言われてみると

■なぜか歯医者さんの年収下落が止まらない!高収入のイメージが強いお医者さんですが、同じ医師の中でも、年を追って平均年収の下がっている分野があります。それは歯医者さんです。グラフは、厚生労働省調査...
確かに歯医者は割とそこかしこにある印象がありますね。同じ医者でも、歯医者以外の開業医って昔ほどみかけなくなったような。

でも、今だに歯医者って儲かってる印象があるんですが、やっぱり競合が多いだけに食い合いになっているみたいですね。で、歯医者っていうのは困ったことに腕に左右されるところが大きいんですよね。治療に不快な音や痛みを伴うことが多いんで、腕が悪いと患者が寄りつかなくなる傾向が如実に表れるんでしょう。

とは言え、年収600万オーバーっていうのはサラリーマンからしてみるといい数字ですよね。医者ってくくると下の方になっちゃいますけど、仕事として見ると実入りは決して悪くない。

そこに至るまでの収支が折り合わないってところはあるでしょうが、やっていかれるなら600万って十分な数字だと思うんですけどね。
by peugeot206ccs16 | 2014-11-13 23:08 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/23039211
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。