恨んでいる人も

日本はなぜ米国を恨んでいないのか?(2/2)=「日本人の考え方を理解しようと努力したが無理だった」―中国メディア

もちろんたくさんいると思うんですよね。肉親を戦地で亡くした人たちは、やっぱりアメリカ人に対して複雑な想いってあると思うんですよ。

が、結果としてドイツやイタリアと違って本土で戦争をすることがなかったのが日本にとって幸運だったんでしょうね。空爆で焦土にはなりましたが、本土で戦争しなかった分悲惨なことが起きなかった、というのは戦後のアメリカ人が良くしてくれた、っていう好印象とうまく結びついて大きな恨みにならなかった、っていうところなんじゃないでしょうか。

ドイツは国土も蹂躙されて、こてんぱんに叩きのめされた上に国土が分割されるっていう悲劇まで起こったので、連合国側にはより複雑な想いを抱いていたんじゃないですかね。
by peugeot206ccs16 | 2015-03-04 23:57 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/23620119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。