さすがに辞書を

冷凍マグロの数え方って知ってますか? 意外と深い辞書の世界に迫る

1冊頭からケツまで読もうとは思いませんが、辞書って奥深いのは確かなんですよね。

その昔、広辞苑をネタにして深夜番組があったくらいですから(覚えてる人は同世代)。今は亡き赤瀬川原平も新明解国語辞典をネタにエッセイ書いてますからね。

辞書によって取り上げる言葉が違うのもそうだし、編纂の方針が違うのでそれぞれに個性があるんですよね。なので、掘り下げてみるといろいろな発見があったりするわけで。

でも、だからって言って読み物として読めるかと言われると無理ですね。相当時間をかければ読めないこともないでしょうけど、何せストーリーも書き手の意図もない単語と意味の羅列ですからね。すぐ飽きること請け合い。
by peugeot206ccs16 | 2015-03-14 23:14 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/23685368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。