こんなことも

ローマ法王のナポリ訪問で「半奇跡」、聖人の血が半分液化

あるもんなんですねぇ。

まぁ、奇跡が起こるっていうのはもはや伝承となっていることでしょうから、今回起こったことはおそらく記事の後ろにある科学者の言うことが正しいんでしょう。

だいたい、奇跡の血っていうものがそもそも聖人のものであるかどうかを確かめる術がないわけで、そこからして奇跡と呼んでしまうのはどうか、という話かも知れません。

とは言え、こういうことは科学ですべて説明してしまうと面白くも何ともないわけで、ここは敬虔なキリスト教徒の頂点に立つローマ法王が来たからこそ半奇跡が起きた、としておくのがいいんでしょう。それに宗教とは、こういう信仰の対象があってこそのものなので。

仏教やらイスラム教じゃおそらくこういうのってないでしょうからね。
by peugeot206ccs16 | 2015-03-23 23:55 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/23747638
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。