確かに

「VAIO Z Canvas」受注開始――クリエイター向け“怪物タブレット”の全容が明らかに【詳報】

スペックはものすごくハイスペックなノートパソコンなようで。お値段も標準構成ですでに25万近いんで、どんだけのもんよ、って感じですが。

そもそも、例えば出先でパソコンを使って絵を描く人がどれだけいるんだ、って話だと思うんですが、そういう層に向けて作られたパソコンなんですよね。

で、ストレスなく作業ができるように、ってことでえらいスペックが高くなってるようですが。ぶっちゃけ、デスクトップでも通用しそうなスペックだったりするんですよね。SSDが1TBとかメモリが16GBとかどんだけ、って感じです。

惜しいのは、これがもしソニーで作られていたらねぇ、ってことですか。VAIOブランドだけでどこまで通用するか。フルスペックだと優に30万を超えるモンスターマシンが果たして売れるんでしょうかね。
by peugeot206ccs16 | 2015-05-21 23:00 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/24134255
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。