印象としては

国会前に群衆、怒りの渦=子どもも大人も「命守れ」―安保法案

強行採決に踏み切らなければならないほど切羽詰まった案件なのかなぁ、という感じですね。世論調査でも芳しい数字が出ているわけじゃなし、国際情勢が危機的な状況を迎えているわけじゃなし、何のためにこの法案を無理矢理通す必要があるのかなぁ、と。

周りを見ると反対の人もいれば賛成の人もいて、結構割れている感じですね。個人的には反対の立場ではありますが、同じことでももっと考えれば別の形で実現できるんじゃないかと思うわけです。

反対派の人たちはもう理由が明確で、反対するに足る論拠があると思うんですが、賛成派の人たちは政府も含めて法案を可決させるに足る理由っていうのを明確にしてないと思うんですよ。だから不安にもなるし反対もされると。今の自衛隊のあり方で何か問題があるのか、どこに問題があるのかがわからないんですよね。わかる人にはわかっているのかも知れないですが、広く周知すべきだと思うんですが。
by peugeot206ccs16 | 2015-07-15 23:18 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/24404985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。