そもそも

校長が催眠術をかけた高校生3人、次々と死亡(米)

よくわからないのが、なんで校長先生みたいな人が生徒を相手に催眠術をかけるのか、ってことで。

まぁ、お国柄もあるんでしょうが、日本の感覚で言うと校長先生と生徒って普段の生活の中でほとんど接点がないと思うんですよね。彼の国では接点を持っているのがフツーなんでしょうか。

で、よりによって催眠術をかけるってのもいかがなものかと。催眠術をかけた直後なのかどうなのかはさておき、術をかけられた生徒が3人死んでいるという事実は耳に届いてなかったんですかねぇ。もちろん、催眠術との因果関係を調べたっていったって、そんなもん当事者がお亡くなりになってたら調べようもないわけで。

教育委員会から再三にわたる注意はされていたようですが、結局責任は教育委員会が取るっていうのも確かに解せない話なんですよね。つまるとこ、限りなく民事の話を公的な資金で弁済するっていうのは日本だと受け入れてもらえないんじゃないですかね。関係者以外の人たちに。
by peugeot206ccs16 | 2015-10-12 23:33 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/24803031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。