一見すると

「被害者が枕元に」と自首、奈良 県警、殺人容疑で逮捕

ただの殺人事件の容疑者が自首したってだけのよくある報道だったりするんですが、よーく読むと違うんですよね。

「被害者が枕元に立った」っていう一文。これ、おそらく本当のことだと思いますよ。罪の意識に苛まれた結果見た幻覚というセンも捨てられないですが、実際に被害者は枕元に立ったんだろうし、おそらく自首した犯人はそれを毎夜毎晩見た結果、神経が保たなくなって自首してきたんでしょう。

ということで、おそらくコレ怪談です。実話怪談なんかを読んでいると、これに類似した話が出てきたりするんで、これもその一種じゃないでしょうか。

被害者がどんな格好で、どんな風に枕元に立ったかは知りませんが、まぁ悪人の神経が保たなくなる程度には恐ろしいことがあったんでしょう。恨み言のひとつも言われたら毎日失神しますね。

もっとも、自首したからとて解放されるというわけではなく、おそらくですがお勤め中もきっちり出てくるんじゃないですかねぇ。枕元に立って自首を促したのであれば完了なんですが。
by peugeot206ccs16 | 2015-12-22 23:09 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/25093366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。