確かに軽は

軽自動車は実は安くない? 「軽」が高価格化する理由

安くないですね。支払う価格だけ考えれば、1300ccクラスのコンパクトカーの最下位モデルの方が安いです。それは記事でも書かれていますが、150万を超える軽はザラにありますからね。

とは言え、軽は所詮どこまで行っても軽。規格に縛られているところもあって、フツーに作ればあちこちに無理が出てくるのは仕方ないところです。これを広く、軽く、安全に、となると開発費が嵩むのは仕方ないところで、結果車両価格に転嫁されているところはあるんじゃないですかね。

ただ、コンパクトカーと同等かそれ以上の値段だとしても、ランニングコストが安いんですよね。軽の自動車税が上がったと言っても1万円台。コンパクトカーなら軽く2万オーバーなので、税金が安い。車検も軽の方が断然安く上がりますからね。

かく言うワタクシも軽に乗り換えたクチですが、燃費と加速性能以外は概ね満足してます。燃費はせめてリッター20kmは走ってほしいかな、と。加速もここぞの加速がもっとすばやくできるといいな、という程度ではありますが。
by peugeot206ccs16 | 2015-12-26 23:02 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/25109011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。