言われてみると

​湯のみに取っ手がついていない理由は、手で触れるぐらいの温度が美味しいから

確かに湯飲みには取っ手はないですね。当たり前と言われればそれまでですが、ないものはない。逆にマグカップなんかには取っ手があるわけですが、湯飲みに取っ手がない理由は手で持てる程度の湯温でお茶を淹れるのが美味しいから、ということであれば、マグカップで飲むようなコーヒーとかティーカップみたいなので飲む紅茶については、60℃以上のお湯で淹れる方が美味しいってことなんですかね。

この記事、改行なし、見出しなしの文章になってるんで、ケツまで読まないとわからないんですが、湯飲みの話だけで構成されてないんですよね。文章全体が豆知識的な作りになってる。

ウィンナーの切れ目とか二枚重ねのティッシュとかもちろん理由は知りませんでしたが、まぁ知ったところで役に立たない豆知識。ラッコの話は何でラッコやねん、という唐突感はありますが、これも別に知って得するわけでもない豆知識ですね。
by peugeot206ccs16 | 2016-01-25 01:33 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/25221983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。