ケースバイケースですが

奢り派or割り勘派? “デートの支払い”に対する男女のシビアな本音

基本はおごりますね。特に相手から物言いが付かない限りはお会計済ましちゃいます。何でかと言われると別に理由はないんですが、まぁ自然な流れではあるかな、とも思うので。

相手から物言いが付いて「払うから」と言われた場合は、これまたケースバイケースですが、こっちがほとんどを負担して「じゃ、1000円でいいや」とかって形で相手の言い分も立てることが多いですかね。相手次第なところはありますが、場合によってはフツーに割り勘することもなくはないです。

こっちが全額負担したあとに「じゃ、お茶は払うね」というケースも多いですが、これは素直に払ってもらっちゃいます。おごる一方で相手に負担かけさせるのもアレなので、これも一種の気遣いと言えば気遣いでしょうか。

ただ「おごられるのが当たり前」と思ってる女子については、それが見えた時点で割り勘にするかもですね。ま、ふざけんな、と。何様だと思ってるんだ、と。あくまでお互いの好意に基づいてのお支払い事情なので、当たり前と思われちゃたまらんわけです。
by peugeot206ccs16 | 2016-01-27 02:02 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/25229706
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。