そもそも

愛媛で続々生まれる「高級みかん」の世界

みかんにそんなにいろんな種類があることを知りませんでした。

ざっくり「愛媛みかん」「温州みかん」「紀州みかん」くらいな区分けくらいしかないと思ってました、はい。実は品種によっていろんな特徴のあるみかんがあったんですねぇ。しかも、愛媛生産分だけで記事にあるような種類があるんだから、和歌山とか静岡あたりのみかんでもいろんな種類があるんでしょうね。

ところで、みかんっていくらするんだろ、と思って調べてみると、箱(だいたい10kg入り)で2000円切るくらいが相場みたいなんですが、この記事では「高級みかん」と言ってるだけに、記事に載ってるような品種のみかんは3000円とか4000円とかしちゃうんですかねぇ。

とは言っても、何せ単位が10kgなので、1000円やそこら変わっても量的には結構な量があるんですよね。ワタクシはもう十年って単位で生のみかんなぞ食ったことないですが、そんなに美味いみかんならちょっと食ってみたい気もするですね。
by peugeot206ccs16 | 2016-02-11 00:21 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/25285672
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。