とりあえず

人口約300人の東京都利島村を歩く

島内に(別に島内じゃなくてもいいんでしょうが)職があって、電気・ガス・水道・インターネットのインフラがきちんとあるのであれば、こういう離島に住むのもアリなような気がするんですよね。

まぁ、全島で300人しか人口がいないってことなので、ちょっと目立ったことをすれば簡単に噂になりそうですが、まっとうに生活する分には人口が少ないってのはいいかも知れないですよね。悪いことできないだろうから、治安もいいでしょうし。おそらく、留守でも玄関にカギをかけなくて良いレベルじゃないですか?

主要産業が椿油ってのと、自販機の写真が載っていますがいかにももう年単位で整備されていないのがバレバレなのが気にかかると言えば気にかかりますか。あと、コンビニとか気の利いたもんはないでしょうし、島の娯楽もカラオケ程度なもんのようなので、おそらく朝も夜も早いっていう健康的な生活を強いられることになるんでしょうね。

おそらくはそういう部分の不便は慣れでいかようにもなりそうな気がするんで、何とかなるんじゃないかなぁ、と。むしろ、いくら都内から2時間やそこらで着けるとは言っても観光資源ゼロなこの島で遊ぶ方が大変じゃないかなぁと思ったり。
by peugeot206ccs16 | 2016-02-12 00:46 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/25289578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。