ぶっちゃけ

芳林堂書店の破産にショック受ける人続々「学生時代お世話になった」

この記事を読むまで知りませんでした。

IT Mediaあたりはニュースとして流してたようですが、Twitterでも見なかったんでこの記事がとっかかりになりました。

芳林堂書店ってそこそこ大きい本屋だったので、まさか倒産するとは思いませんでした。元々経営状態もあまりよろしくなかったんでしょうが、取次が廃業してたりして商品の入荷が滞ったのがトリガーになったっぽいですね。そりゃ売るもんがなきゃ商売成り立たないですからね。

ワタクシも前職では高田馬場にいたので、高田馬場店は一時毎日通ってました。もちろん買う機会もちょいちょいありましたよ。そう思うとなかなか残念なことですねぇ。事業自体は書泉に引き継がれるようですが、書泉さんだってこないだ1店舗閉店して騒ぎになったくらいですから、決して状況はいいとは言えないと思うんですが、大丈夫なんですかね。

電子書籍派ではありますが、根っからの本好きなので書店がなくなっていくのはとても寂しいものがあります。ぜひ本屋さんもがんばってほしいものです。客商売ですが、ちょっと憧れの職業でもあるので。
by peugeot206ccs16 | 2016-02-27 01:48 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/25345946
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。