気持ちはわかるけど

まさか!の「就活の落とし穴」 ハマる女子学生はこんなタイプ

就活している学生にとってはちょっと酷な話というか。

我々が就職活動をしてた頃はちょうどバブルが弾けた直後の氷河期だった上に、学生の数が多い時期だったもんもんで「これをやりたいから」なんて思ってたってそう簡単に就職が決まるヤツなんていなかったもんです。今みたいにインターンシップみたいな制度もなかったですからね。

その点では、今の学生は恵まれているとは思うんですが、それでも仕事の実情を知らない学生に「これは禁句」とか言われても、そりゃあ分からない中で何かを言わなきゃいけない手前、口を滑らせるのは仕方ないんじゃないかと。むしろ、それに対して「実情はこうだからアンタいらんわ」っていうのは酷じゃないかなぁ、と思ったりもしますけどね。

もっとも、これからはよほど景気が悪くならない限りは若い衆が減る一方なので、売り手市場になるのは間違いないので、優秀だと思われた学生にはいろいろ有利に働くこともあるかとは思うんですけどね。多少の失言というか、踏み込んだ発言ってのも帳消しになるんじゃないかなぁ、というのは楽観視しすぎですかね。
by peugeot206ccs16 | 2016-04-30 03:49 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/25560277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。