大手銀行で

なぜ日本では「印鑑」が重視されるのか りそな銀が手続き撤廃

こういう取り組みが成されるのは大いに歓迎ですね。

とかく銀行は印鑑が必要な手続きが多いところ。役所と並んで印鑑の使用率が高いんじゃないですかね。一番困るのが、銀行に口座を開設したときの認め印。開設してから長いこと経っているとどの印鑑を使って届け出ているのか忘れるんですよね。

役所も銀行もすべての届け出用印鑑が1本しかないなら話も早いんですが、これが意外にそうでもないしそうならないもんなんですよね。なので、覚えているやつはまぁ困ることもないんですが、うろ覚えだったりすると用事があったときに「たぶんコレだったよなぁ」となってしまうのが面倒。

電子取引がこれだけ普及してきているのに、相も変わらず印鑑頼りのシステムは何とかしてほしいところです。まぁ、なくなってしまえとまでは言いませんが、手続きはできるだけカンタンに分かりやすく、かつセキュアな方法ってのが一番だと思います。
by peugeot206ccs16 | 2016-06-06 00:32 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/25676292
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。