ちょっと前までは

ちょっと気になる「がんとコーヒーの関係」

コーヒーってタバコと酒と並んで悪者だったんですよね。今やタバコだけが悪者になってしまっておりますが。

で、この記事を読む限りではコーヒーは発癌リスクを下げる効果があるとか何とか書いてあるようで、コーヒー好きのワタクシにしてみると喜ばしい内容だったりするんですが、記事の締めにもあるように「発癌効果を下げるために」コーヒーを飲むのはお門違いで、何かのキリのいいときに一服するとか、食後に楽しむとか、そういう楽しみ方が正解だと思うわけです。

まだコーヒーの癌抑制効果が立証されているわけでもないので、その気になって飲むとガンにはならんけど、胃を痛めたり肝臓を悪くしたり、という副次的な悪いことは十分に考えられること。

まぁ、ほどほどに楽しむのが一番じゃないでしょうか。
by peugeot206ccs16 | 2016-07-02 16:39 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/25755547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。